風水・家相・地相を考慮したマイホームの土地選び

土地選び

マイホームを建てるための土地選びで、「風水や家相、地相が気になるけど、何をどう気を付ければいいのか全然わからない!」という人向けの記事です。

※かなりの長文です

マイホーム作りは、人生に一度あるかないかの一大イベントですから、絶対に失敗したくないものです。

普段は占いや風水に全く興味がない人でも、もしも誰かに、ご自分の購入した家の家相や風水が良くない!と指摘されてしまったら、絶対にいい気はしませんし、それを知った途端に欠点があるように感じてしまい、愛着が持てなくなることもあります。

そうならない為に、ここでは地相・家相・風水の観点からの「土地選び」のポイントをご紹介しますので、家づくりに役立てて頂きたいと思います。

ちなみに「地相」とは、土地の形状や方位、土地の高低など、いわゆる土地の見た目によって吉凶を占う相術になります。

相術というと手相や顔相が有名ですが、土地にも「良い相」と「悪い相」があるのです。

大昔の中国では、地相のことを風水と呼んで、もともとは身分の高い人のお墓の吉凶を占う所から始まったものなのですが、五行の思想である「四神相応」に叶った理想的な墓地を探し求める風水が、徐々に発展して、都造りに取り入れられるようになり、次第にそれが「宅相」となって一般の住宅にも用いられるようになったのだとか。

よって、良い土地を探し求めることこそが、風水の第一歩なのです。

土地の問題は、インテリアの変更やリフォーム・建て替えでは対処が難しい深刻な場合もあって、問題解決が難しい時は、最悪、「引っ越す!」という選択しかないこともあります。

現実的に考えて、引越しは簡単にできることではありませんから、風水や家相を気にする人は、最初の土地探しの段階で、出来るだけ凶の要素を排除しておくことをおススメします。

マイホームは高い買い物ですから、特に土地選びは慎重になってください。

参考 マイホームを手に入れるには、運勢的な「時期」も気になるところです。宜しければ↓の記事も参考にしてください。

家を買うタイミングを占い(四柱推命)で決める

スポンサーリンク

風水と家相・地相の違い

「風水と家相って何が違うの?」 「家相と地相の関係ってどうなの?」 家相と、地相と、風水の違いについて記事にしま...
風水と家相は、どちらも住居の吉凶を占うものですが、この二つは似ているようで違っています。 風水が中国生まれであることは...
家相や風水を取り入れた家づくりをしようと、複数のサイトを見たり、いろいろな先生の本を勉強すると、 「言ってることが全然違う!」...

1.住みたい街や地域を探す時の家相・地相的なポイント

それでは本題の、家相(地相)の記事に入ります。

まずは、マイホームを建てる土地を探す上で、「どの地域に住みたいか」を、大まかに絞るためのポイントになります。

土地の地形的な吉凶

まず、「家相や地相的に良い土地とはどんな土地か?」の結論から申し上げると、「北に山や丘があり、東に川が流れ、南には海や平地などの低地が広がり、西に交通が発達している」という、いわゆる「四神相応の地」がベストとされています。

大昔から「四神相応の地」には、良い「気」が集まると伝えられていますが、マイホームも同じで、家内安全、無病息災、商売繁盛、子孫繁栄などを願って、良い「気」が集まりやすい場所に住まいを置くことは、とても重要なのです。

住みたい街や地域が、たまたま「四神相応の地」に該当するなら最高ですが、そう簡単に都合よく「四神相応の地」が見つかるものではありません…。

「四神相応の地」とはいかないまでも、地相には地形的な吉凶ポイントがあって、

  • 南もしくは東が低く、北もしくは西が高い土地なら吉で、逆は凶
  • 近くに河川がある場合、東側が最高で西側も吉だが、北と南は凶(ドブ川や、あまりにも河川に近いのはどの方角でも凶)

などなど…

ここでは書ききれないので、↓で詳しく説明しております

【風水・家相】「四神相応の地」に家を買って開運!(地形的な観点で土地を選ぶポイント)

2.土地探しにおける最初の選り分けポイント

マイホームを建てる土地を探す際には、不動産の情報誌や広告を見たり、インターネットで閲覧するのが一般的ですが、土地探しの最初の選り分けのポイントをご紹介します。

これを知っておけば、無駄な現地見学をしなくて済みますから、時間も節約できます。

旗竿地など接道部分が少ない土地は避けよう

住みたい地域が決まったら、その付近で売りに出されている土地を探す訳ですが、「気」は道から入ってくるため、土地と道路の関係はとても重要です。

他人の敷地を通らなければ自分の敷地に入れないような、接道されていない土地や、接道部分が少ない旗竿地などは、うまく「気」を取り入れることが出来ません

旗竿地

旗竿地を避けた方が良い理由は、↓で詳しく説明しております

接道部分が少ない旗竿地は「気」が入りにくい

敷地の道路付きの吉凶

接道部分が少ない土地は凶であると↑で説明しましたが、接道部分が多すぎるのも、逆に入ってきた「気」が逃げやすいようです。

  • 四方道路は凶
  • 三方道路も凶
  • 二方向を道路で挟まれている土地も凶

道路に二方向を挟まれている土地

また、住宅は道路に面した部分に玄関を配置するのが一般的なので、道路付きの方向は、家相に大きな影響を与えます。

家相的に良い間取りを作りたいなら、土地選びの段階で「道路付け」を気にすることで、後々スムーズなプランニングが可能です。

ここでは書ききれませんでしたので、↓で説明しております。

土地の道路付きの風水・家相的な吉凶と、玄関を吉方位に作るための土地選び

T字路の突き当りや、袋小路の末端は凶

T路の突き当り(どんたく・路殺・路冲殺)の家は、道路から「殺気」がぶつかってきやすいため、運気が停滞したり、家が衰退しやすいと言われています。

T字路以外でも、往来の突き当りは凶なので、Y字や曲がり角付近の道路に突き当たる土地も避けた方が良く、道路が直射する位置に、門や玄関を配置するのは大凶です。

家の中から玄関を開けたら目の前に道路が伸びている、という状況です。実際に車が突っ込みやすい状態ですから事故が起きやすく、うちの近所のT字の突き当りにあったアパートは火事になりました。

死巷

旗竿地のように接道面が少ない土地は良い「気」が入りにくいのですが、とは言え、道路から真っすぐダイレクトに入るのは、「気」のエネルギーが強すぎて凶となります。

道路からずらした位置に、門や玄関をプランニングできないようなら、その土地は諦めましょう。

また、大通りから離れていて、クネクネと細い道に入り込まないと辿り付けないような土地や、袋小路(死巷)の末端にある土地も、吹き溜まりとなって「気」が滞るためよくありません。

区画整理から外れた地域などは、町全体が袋小路(ドンツキ)の道が多いことがありますが、できれば気が流れやすい地域を選ばれるのが良いと思います。車の通りが少なく、静かな気がするかもしれませんが、袋小路は、人生まで袋小路になって迷いが多くなったり、壁にぶつかりやすいと占います。

道路や河川のカーブの外側は凶

道路のカーブの外側にある土地も避けましょう。(路弓・路弓殺)

また、河川も同じです(水殺)。

T字路と同じで、カーブを曲がり切れない強いエネルギーが、外側にはみ出してぶつかって来るからです。高架になっている高速道路や電車のカーブの外側も同じです。

カーブの外側の土地は凶

カーブの外側は、実際に事故も起こりやすいので避けた方が無難です。

逆にカーブの内側は、世の中から守られるという意味で吉になります。

大通り沿いより、少し奥まった土地が吉

袋小路のような土地や、迷路のように入り組んだ場所にある土地は、風水的に凶であると↑で紹介しましたが、あまりに交通量の激しい大通り沿いや、目印になるくらいのポツンと一軒家も避けましょう。

会社や店舗は別ですが、人や車の通りの激しすぎるところに住まいを置くことは、良い「気」が奪われますし、風水的には、大通りから1~2本ほど入ったところがベストです。

また、少し奥まっているところの方が、お金が貯まりやすいとも言われています。

しかし、持って生まれた運勢によっては、裏通りに住みたくても表通りにしか縁がない人や、その逆もあるようですので、こちらは可能な限りで結構です。

※これについてはまた後日記事にします。

変形地は避けよう!

住宅を建てるための敷地の形は、南北に長い長方形が理想的で、北側に建物を寄せて南側を広く開けることで、日当たりの良い家が作れます。

次に良いのは東西に長い土地です。

どちらの場合も、間口の幅よりも奥行きが長い方(横長より縦長)がベストですが、”鰻の寝床(うなぎのねどこ)”のように奥行きが極端に長いのは、「気」を取り入れにくいのでNGです。

しかし、実際の土地は台形やL字型や凹凸があったり、道路の付き方によって変形していることもあります。

変形地は、不動産の評価が低い場合が多く、相場よりも安く購入できることろが魅力的ですし、少々の張欠なら家相で補える場合もありますが、風水的にもこだわった良い家を持ちたいなら、「張り」や「欠け」がある変形地(不整形地)は、避けた方が無難です。

参考 家相の良い家は「欠け」「張り」が重要!八方位の張り欠けのルールと吉凶

について、↓で説明しております。

風水にこだわる家を作りたいなら変形地は避けよう!

3.現地調査で確認する家相・地相的なポイント

良さそうな土地が見つかって、実際に不動産屋さんを訪ねたり、現地に赴いた際にチェックする項目になります。

一番最初にその土地を訪れた時の直感は、何よりも大切にしてください。

良からぬ「気」が充満していそうな土地は避けよう

何となく陰気だな…と感じるなら、よからぬ「気」が漂っている可能性があります。

「気」というのは、はっきりと形が見えるものではありませんが、過去の因縁が深い土地は、凶現象が起こっても不思議ではありません。

良からぬ「気」が充満していそうな場所として、

  • 自殺や事故の現場、墓地跡・古戦場跡・刑場跡・神社仏閣跡・祠や地蔵があった場所
  • 警察や病院、消防署のすぐそば
  • 鉄塔の近く
  • ゴミ捨て場の近く
  • 土壌汚染が疑わしい場所

について↓でご紹介しています。

風水にこだわるなら、良からぬ「気」が充満していそうな土地は避けよう

間口にかかる位置に大木や電柱が建っている、隣家の角が直撃している

実際の土地を見に行くと、嫌な場所に電柱や街路樹が立っている時があります。

家の目の前に、電柱や街路樹等の大木が建っていることは風水・家相的によろしくありません。

電柱

電柱は、車の乗り入れの邪魔になるとか、防犯上の問題で位置を変えたいなどの正当な理由があれば、電力会社が移設してくれますが(費用は無料の時もあれば有料の時もあり)、見た目の問題など、わがままな理由の時は通らないこともあります。

費用面も含めて不動産屋さんにしっかりと確認してください。移設が困難なら避けましょう。

他にも、周りの建物の「角」がご自分の土地に向いていないかも確かめてください。鋭い角が直撃しているなら問題です。

どうしてもその土地を選ぶなら、間に塀を設けたり、樹木を植えるなどの工夫が必要です。

日当たりの悪い土地

”東南の角地”が風水・家相的に大吉と言われているのは、お日様の光を多く取り入れられるということも、大きな要因の一つです。

なので、日当たりが悪い家というのは、風水的に良いとは言えませんから避けましょう。

市街地では、ビルやマンションなどの高い建物に囲まれている土地が売りに出されていることがあります。このような土地は、日当たりのみならず、風の流れ(ビル風)にも影響もありますから、慎重になってください。

日当たりの悪い土地

周りの建物と調和する、高い建物を建てるなら問題ありませんが、このような土地に普通の住宅を建てても、日当たりが悪い上に、風の流れも悪くなってしまい、吹き溜まりのようにどんどん悪い「気」が集まってしまいます。

また、土地の高さ自体が、周りの土地よりも低くなっている、すり鉢状の土地も避けましょう。

日当たりの問題ももちろんですが、周囲から水が流れてきて湿気が多くなりますし、ゲリラ豪雨でも降ったら大変です。更地なら土を入れたりできますが、家付きで購入する場合は必ず土地の高さも見るようにしてください。

なお、家相では、“周囲とのバランス”も大事な要素の一つで、周りの家や建物と釣り合いが取れているかも重要なポイントですから、周囲と比べて一棟だけ極端に低い建物は、アンバランスな印象を与えるものです。

既に出来上がっている街並みの中に、周囲の家とは極端にテイストが異なる建物を建てることや、ド派手な色の外壁や屋根も同じです。

とにかく、周囲と比較して一棟だけ極端に建物が低い、逆に飛びぬけて高い、一棟だけ特別に目立っている、という状況になることは避けなければなりません。

「個性を失くせ!」と言っている訳ではありませんが、目印に使われるような極端な家はやめておいた方が良いという事です。

建築物は一度建てたら、何十年かは簡単に移動したり壊せるものではありませんから、自分の所有する土地だからといって、景観を破壊するような突拍子もない建物を、好き勝手に建てていい訳ではないのです。

ゆえに、周囲と調和の取れる建物を建てることが出来ないようなら、その土地を買うのは避けるべきでしょう。

水はけの悪い土地・湿気のある土地

役所のホームページ等でハザードマップを確認して、浸水の被害が出そうなくらい低い土地や、水の溜まりやすい(集まりやすい)場所は論外ですが、湿気が多い土地や水はけの悪い土地というのは、風水的にも良くありません。

町名が過去の地形を物語るのはよくある話で、”沢”や”沼”など、水に関係した漢字が町名に使われている場所は、川や池を埋め立てたり、川の流れを変えている可能性があるため、気になる時は古い空中(航空)写真・古地図(図書館や資料館で探す)、国土地理院 土地条件図等でチェックすることをお勧めします。

旧水部や旧河道を埋め立てた土地の場合、湿気が多い他にも、地盤が軟弱なことが多い為、住宅地には適さないことが多く、地震が起こると最悪、陥没することもあります。

敷地と道路に高低差があったり、隣地よりも低くなっている土地は湿気やすく、大雨の日は雨水の流れが心配ですし、晴れの日が続いているのに地面が濡れているなら水はけが悪い証拠です。

天気の悪い日や、雨上がりの日にも見に行って、水たまりの状態を確かめましょう。

住宅地の中にある土地なら、周辺の敷地をチェックするのも良いでしょう。売りに出されている土地には新しい土を入れてきれいに整地されていても、周辺の土地にびっしり苔が生えているようなら、水はけの問題を疑ってみましょう。

水はけが悪い土地は風水上よくない

水はけの問題は、地質が原因の場合もあれば、敷地の勾配が原因だったり、山際など地形的なことが原因で水が流れて来たり湧き水が出ることもあるようで要因は様々ですが、いずれにしても、常に地面が濡れてジメジメしていることは、悪い「気」を寄せ付けることになり、そこに家を建てても陰気になってしまいます。

他にも、水はけの悪い土地には蚊が多く発生することも。

水はけの問題は、後々業者に依頼するとそれなりの費用が嵩むので、土地の歴史を調査したり、何度も足を運んでチェックをしてください。

窓が開けられない環境

朝起きたら窓を開けて、空気を入れ替えると運気がUPしやすいと言われていますが、風向きによって、周辺の工場の煙が流れて来たり、排気ガス、ドブ川の近く、牛や豚、鶏などの家畜の臭いが酷いところは、天気の良い日でも臭くて窓が開けられません。

工場の煙の臭いが酷いところ

また、電車や飛行機、工場の騒音が酷いところも考えものです。

こういう場所は、サッシを二重にしたり、壁を防音にして売り出しているようですが、換気や空気の入れ替えのために、窓を開ける日もあるはずです。

うるさい環境

特に「東」「南」「東南」は運気を上げる上で大切な方位ですから、臭いや騒音の問題で、その方位の窓が開けられないような場所は、良い「気」を取り入れにくいでしょう。

【おまけ】人気のある街は画数も良い!

これは風水とは関係ありませんが、姓名判断を勉強していた時に、“栄える街”というのは画数も良いことが多いと感じました。

なので、いくつかの候補地の中で迷ったら、地域名や町名の画数で判断してみるのも一つの方法です。

“人の気”と書いて「人気」ですから、人気のある町は良い「気」も集まるのです。

とは言え、既に人気のある街はブランドのようになって、土地の売り出し価格もお高いですから、なかなか手が出るものでありません。

でも、十年前まではマイナーだった街が、あれよあれよと人気の街になることもありますから、まだ価値が低いうちに、いち早くそんな街に移り住むことが出来れば最高ですね。

「地相を考慮した土地選び」のまとめ

かなり絞ってご紹介したつもりなのですが、こうやって記事にしてみると気を付けるポイントが多すぎて、途方に暮れるかもしれませんが、良い家を手に入れるためには出来るだけ妥協せずに、時間をかけてよい土地を見つけてくださいね。

最後に、ここでご紹介したものを一覧にまとめておきます。

  • 北に山や丘があり、東に川が流れ、南には海や平地が広がり、西に交通が発達している「四神相応の地」には良い「気」が集まる
  • 南もしくは東が低く、北もしくは西が高い土地は吉で、逆は凶
  • 四方を山や高い建物に囲まれた場所や、逆に小高い丘の上に住まいを作るのは凶
  • 近くに河川がある場合、東側が最高で西側も吉だが、北と南は凶
  • ドブ川や、流れのない川は、どの方角でも凶
  • 敷地のすぐ隣りに河川が流れているのは凶。川幅以上の距離は離れている所を選ぶ
  • 道路や用水路や川に四方を囲まれている土地は大凶、三方道路も凶、二方向を道路で挟まれている土地も凶
  • 家相では玄関の位置は重要で、鬼門(北東)または裏鬼門(南西)に玄関を作らなければならないような土地は避ける
  • 東南・南・東・北西に玄関が作れるかどうかを考えて土地を決めるとよい。北道路、西道路、北東(鬼門)道路、南西(裏鬼門)道路は、家相的に良いプランニングをすることが難しい道路付けのため、避けた方が無難。角地や南道路、東道路の土地を選ぶことで玄関の位置でで悩まずに済む。
  • 旗竿地や、ウナギの寝床のような細長い土地など、接道部分が少ない土地は「気」が入りにくいため避ける
  • T字路の突き当りや、道路が直視する位置にしか門や玄関を設置できない土地は避ける
  • 大通りから離れていて、クネクネと細い道に入り込まなければ辿り付けないような土地や、袋小路の末端にある土地は避ける
  • 道路や河川のカーブの外側にある土地は凶
  • 交通量のかなり激しい大通り沿いや、目印になるくらいのポツンと一軒家も避ける、大通りから1~2本入るくらいの場所が吉
  • 敷地の形は、南北に長い長方形を縦長に使うのが理想的で、次に良いのは東西に長い土地
  • 少々の張欠なら家相で補える場合もあるが、できるだけ「張り」や「欠け」がある変形地(不整形地)は、避けた方が無難
  • 三角地は大凶
  • 台形の土地は、前が狭く後ろが広い土地なら末広がりで繁栄するが、逆は凶相
  • 台形の土地の場合、生活する土地が矩形になるように区切って使う
  • 「欠け」のある方位が北東(鬼門)・南西(裏鬼門)なら避けた方が良い
  • 角地の角を「すみ切り」してある土地は、欠けた部分の近くに植物を植える
  • 建物は道路と平行に建てるのがベストだが、道路の付き方に応じて臨機応変に!
  • 周りの家との調和も大切にする。目印になるくらい目立ったり、調和を乱すことも風水・家相では凶
  • 過去に自殺や事故があった物件は選ばない
  • 墓地跡・古戦場跡・刑場跡・神社仏閣跡・祠や地蔵があった場所は避ける
  • 警察や病院、消防署の近くに住まいを置くことは避ける
  • 鉄塔の近くは避ける
  • 間口に掛かる位置に電柱や街路樹がある場合、移設できない時は避ける
  • 隣家の「角」が自分の敷地を直撃している時は注意
  • ゴミ捨て場、ゴミ屋敷の近くは避ける
  • 土壌汚染が疑わしい場所は避ける
  • 日当たりの悪い場所は避ける
  • 川や池を埋め立てた場所や、水はけの悪い土地は避ける
  • 「東」「南」「東南」は運気を上げる上で大切な方位なので、工場の煙や家畜の臭い、騒音などの問題で、その方位の窓が開けられないような環境は避ける

以上、長文を最後までお読みいただきましてありがとうございました。