土地の道路付きの風水・家相的な吉凶と、玄関を吉方位に作るための土地選び

道路

風水では「気」の流れがとても重要視されています。

「気」は道路から入ってきますので、土地と道路の関係はとても重要で、接道されていない土地や、旗竿地などの接道部分が少ない土地は、うまく「気」を取り入れることが出来ませんが、接道部分が多すぎるのも逆に問題で、良い「気」が入っても、すぐに逃げて行ってしまうようです。

また、家相の良い家を建てるためには、玄関の位置はとても重要ですが、玄関を吉方位に配置するためには、土地の道路付けの方位にも注意が必要です。

ここでは敷地と道路の関係について説明します。

スポンサーリンク

接道部分が多すぎる土地は凶

角地などの二方道路、3方向が道路に面している三方道路など、道路に多く面している土地ほど不動産的価値は高い傾向にあります。

接道面が多い土地は、隣地と離れていることや、希望の方位に玄関や門を持ってきやすいので、吉相の家を作るためのバリエーションが増えるのは確かなのですが、接道面が多すぎるのも実は問題なのです。

四方道路は凶

土地の四方を道路に囲まれた土地は、隣地と離れていることや、日当たりや風通しも良いため、不動産の評価は高いのですが、風水・地相的には凶であると言われています。

四方を道路で囲まれた土地

四方道路は、囚獄や囚人の「囚」という字を連想するため縁起が悪く、水難に合いやすい、家族が離散したり、家が栄えないと言われています。

四方向が道路ですと、隣家と密着していないため気楽な気もしますが、いつも誰かに見られているような落ち着かない環境となります。

これは家相では補えませんから、気になる人は避けた方がいいでしょう。

三方道路も凶

四方道路ほどではありませんが、三方に道路がある土地も、風水・地相的には凶です。

三方向を道路に囲まれた土地

広い土地なら、一方向を塀やフェンスや樹木で仕切って、完全に出入りができないようにするか、区切って人に貸し出せばOKですが、土地が狭い場合は対応が難しいので避けましょう。

二方向を道路で挟まれている土地も凶

前と後の両方に道路がある土地も、風水・地相的には凶です。

道路に二方向を挟まれている土地

前から入った「気」が敷地内に留まらずに、後ろから出て行ってしまいます。目上からの援助が得られなくなる恐れがあるため避けましょう。

風水では劫背水(こうはいすい)と呼ばれる凶相です。

家相的にベストな道路付き

四方道路や三方道路など、接道が多すぎると、「気」が入って来てもすぐに逃げてしまうため、風水・家相的には、

  • 角地
  • 一方向のみが接道されている土地

が良いという事になります。

角地、または一方向のみが接道されている土地なら、どの方角でもすべてOKかと言うと、住宅は道路に面した部分に玄関を配置するのが一般的なので、道路付きの方向は、家相に大きな影響を与えます。

角地は割高な場合が多いですが、建ぺい率が緩和されることも多く、玄関・門の位置も二方向から選択できると、その分、プランニングのバリエーションが豊富になり、家相的に良い間取りを作りやすくなります。

特に東南の角地は、日当たりや通風の面で、良い「気」を取り込みやすいという点以外に、家相的にも門や玄関の位置に困らずに、良い間取りが作りやすいのです。

東南・南・東・北西に玄関を配置できる土地を探そう

とは言え、東南の角地は人気も高い上に、価格も高額ですから、なかなか手が出ない事が多いため、吉方位:東南、南、東、北西】に、玄関を配置できるプランが作れそうな土地を選べれば、東南の角地ばかりにこだわる必要はありません。(不格好な配置は論外)

土地の購入を決める前に、【東南、南、東、北西】に玄関が作れるかを考えましょう。

ちなみに、一方向だけが道路に面している土地の場合、

  • 北道路
  • 西道路
  • 北東(鬼門)道路
  • 南西(裏鬼門)道路

は、家相的に良いプランニングをすることが難しい道路付けと言えます。

特に土地が狭い時・間口が狭い時や、住宅メーカーの家などはプランが固定されていることがあるため、家相にこだわった間取りを作ることは難しいかもしれません。

【北道路】の場合、東、南、東南に玄関を持ってくることはかなり難しいですが、北西に玄関が配置できそうなら大丈夫です。それが難しいなら避けましょう。

【北東の鬼門道路】の場合も、東に玄関が作れそうな広い間口の土地なら全然OKですが、玄関に鬼門(北東)が掛かるのは、家相上、絶対に×ですから避けるべきです。

【南西の裏鬼門道路】の場合も、南・東南に玄関が作れそうならOKですが、玄関が裏鬼門(南西)に掛かる場合は避けましょう。

【西道路】の場合も北西に玄関を作れればOKですが、西や裏鬼門(南西)に掛かる場所にしか玄関を作れないようなら避けましょう。

家相にとって、玄関の位置はとても重要で、玄関が鬼門・裏鬼門に掛かることは、家相上、何としても避けなければなりません!

北道路、西道路、鬼門道路(北東道路、南西道路)の土地に家を建築する場合、風水に明るく、腕も良い設計士さんを頼れるなら良いのですがですが、それが難しいならプランを作る段階で苦しみますから、最初から北・西道路、鬼門道路は避け、少々割高でも、角地や南道路や東道路の土地を選ぶほうが無難でしょう。

参考 下水道の公共汚水枡の位置も、玄関や門の位置を制限する家相上の要因の一つです。

巽玄関(たつみげんかん)の家を建てるための道路付け

巽玄関とは、家の中心から見て東南(辰巳)の方位に玄関があることです。

「巽玄関乾蔵(たつみげんかん いぬいぐら)」と言って、”辰巳の方位に玄関があって戌亥の方位に蔵がある家は栄える”と、大昔から大吉の家相の代表格とされてきました。

※乾蔵(いぬいぐら):乾(戌亥・北西)の方角は、物を蓄えるという意味があり、この方位に蔵や貯蔵庫を配置すると金運がUPすると言われてきました

南玄関や東玄関、北西玄関でも十分に吉相なのですが、東南の玄関は別格なのです。

東南は交際運をUPするためには欠かせない方位であり、商売人は商談室や応接間を設けることもありますが、良いご縁や情報を呼び込むためには、この方角に玄関を作ることが大吉とされてきたのです。

娘さんがいらっしゃるなら、良い縁談に恵まれる方位でもあります。

「是非とも巽玄関の家にしたい!」という方は、

  • 南道路
  • 東道路
  • 東南道路

の土地を選ぶようにすれば、巽玄関の間取りを作りやすくなります!

北道路の土地でも、無理矢理、裏側に回り込んだアプローチを付けて、巽玄関を設ける人も中にはいらっしゃいますが、やはり”家の顔”である玄関は、道路から見える場所に設けなければ見た目が悪いですし(お客様に「あれ?裏側かな?」と思われる)、このようなプランニングはあまり常識的ではありませんから、私はお勧めしません。

地相の記事に戻る