家相の良い家は「欠け」「張り」が重要!八方位の張り欠けのルールと吉凶

複合相

家相を意識したマイホームを作るには、

  • 土地や建物の「張り欠け」
  • 三大鬼門(鬼門・裏鬼門・家の中央のことで三所とも言います)
  • 門・玄関と水回りの位置

が重要です。

「張り」とは出っ張った部分で、「欠け」とは凹んだ(欠け込み)部分のことです。

きちんと区割りされている分譲地は、ほとんどが長方形になっていますが、道路が斜行していたりすると多少の欠けが見られる場合があります

斜行道路に接道した土地

今回は、敷地や建物の「張り」や「欠け」のルールと吉凶について説明します。

スポンサーリンク

北西の欠けには注意!

私が不動産会社で働いていた頃の話ですが、築浅で売りに出される中古物件は家相が悪いこと多く、玄関が鬼門や裏鬼門に掛かっていたり、”主人の方位”である北西が欠けているものが目につきました。

特に北西の欠けは、その家の主人の力を奪い、家が衰退しますから、私の経験上、建物に北西の欠けは作らない方がいいと思います。

敷地の欠け

土地の場合でも、この方位に欠けがあることはマイナスとなります。

できるだけ凹凸のない矩形(四角形)の土地を買い求めるようにしましょう。

南北に長い長方形が最も良く、次に東西に長いものが良いです。正方形の土地は、宗教施設などには良いですが、宅地としてはそぐわないと言われています。

しかし、気に入った土地が、必ずしも矩形とは限りません。

敷地に「欠け」がある場合、建物に「張り」を設けることで、カバーできる場合があるのですが、どの方位でも構わずに張りを設けさえすればOKかというとそうではありません。

「張り」の数にも制限があります。

また、「張りを設けたつもりが、逆に欠けを作ってしまった…」という、間違った「欠け」や「張り」を作らないように、張り欠けのルールを理解してください。

「張り」と「欠け」の違いとルール

家相の基本は、「張りは吉」で「欠けは凶」になります。

建物の「欠け」「張り」の意味も、土地の意味とほぼ同じです。

普通に考えると、「張り」を作ると、必ず「欠け」も生まれるのですが、張り欠けの判断には一応のルールが存在します。

  • 1辺の長さの、1/3までの出っ張りは「張り」。
  • 逆に、1辺の長さの1/3以上が出っ張っていると「欠け」が出来てしまいます。1辺の長さの2/3以内の引き込みとも言います。)

張り欠けのルール

よって、「張り」を設ける時は、「欠け」を作らないように、一辺の幅の1/3までの幅に抑える必要があります。

張り出しの奥行きの幅も、1/3までを限度とします

また、1辺に2ヶ所以上の張りを設けると、「張り」と「張り」の”間”は「欠け」となってしまうため、「張り」は1辺につき1ヶ所限りとします。

巽張り・乾張り・複合張り

複合相

  • 北西は乾(いぬい:「戌亥」とも書きます)の方位なので、北西の張りのことを乾張り(いぬいばり)と言います。
  • 東南は巽(たつみ:「辰巳」とも書きます)の方位なので、東南の張りのことを巽張り(たつみばり)と言います。

北西または東南のどちらかに「張り」を設け、更にもう1ヶ所、吉方位に張りを設けた建物は、大吉相になります。

※巽と乾の両方を出すのは凶と言う説もあります

乾張り・巽張りに限らず、建物に張りを2ヶ所設けることを「複合相」と呼び、昔から吉相と言われてきました。

乾張り、巽張りのいずれか1ヶ所でも吉相ですが、2ヶ所張ることで更なる吉相になって、家が栄え、金銭的にも恵まれます。

※張りを作る位置は↓でご紹介する「八方位の張りと欠けの吉凶」を参考にしてください

では「張りは大きければ大きいほどばよいのか?」と言うとそうではなく、やや張るという程度が望ましいようです。

張りを2ヶ所設ける場合は、両方の張りは同じくらいの大きさにして、バランスが崩れないようにしましょう。家相では調和も大切な要素なのです。

3ヶ所以上の張りも凶を招きますので、欲張ってたくさん設けないでください。

2階部分、3階部分…は張り欠けを見ない

昨今の住宅は2階建てが当たり前で、一般の住宅でも3階建て・4階建ても出てきましたが、家の形状(構え)を判断するのは1階部分のみになります。

家相が確立された時代は、2階建ての家はほとんどなく、厳密な2階のルールは存在しないのだそうで、今あるルールのほとんどは後の時代に付け足されたものなのだとか。(小屋裏への梯子(はしご)はあったので、階段のルールは昔から存在したそう)

従って、張り・欠けに関しては1階のみで判断して、2階は無視で問題ありませんから、家相を気にして総二階建てにする必要はございません。

※二階の家相も見る!という説も存在しますが、どれを信じるかは人それぞれです。

2階の面積を減らして引き込みを作り、上手く下屋を作って表情が出るようにするなど、家相にこだわってもおしゃれな家に暮らせるよう、設計士さんとよく相談してください。

家相では吹き抜けは凶

但し、吹き抜けは凶です。

“2階部分に欠けが出来るので凶”という説もありますが、それよりも、良い気が漏れやすいためというのが理由のようです。

家相が出来た時代に、吹き抜けの技術があったのかどうかは不明ですが、光が入らない部屋に、屋根裏の窓の光を室内に取り入れるために、天井面を漏斗(じょうご)型(水を瓶などに移す時に使う”あさがお”の花のような形をした器具を逆にして使うイメージ)にして光を取り入れる、漏斗窓(じょうごまど・ろうとまど)は存在したようです。

この漏斗窓の吉凶を、そのまま現代の吹き抜けの吉凶に応用しているのだと思われますが、とにかく家相では天窓(トップライト)や天井付近から光を取り入れる手法はと見るようです。

家相ではインナーガレージは凶

インナーガレージ(ビルトインガレージ)も、家相では凶だと言われています。

家相には、厩(うまや)のルールはありますが、インナーガレージに関するルールなどあるはずもなく、厩をそのまま車に当てはめるのも違う気がします。

インナーガレージがなぜ凶なのか?については、これも「欠け」と見なす説がありますが、排気ガスを出す自動車を住まいの中に置くことは不浄という意味で凶なのではないかと、私は解釈しています。

家相の八方位の欠張吉凶一覧表

家相の基本は、「張り」は吉で「欠け」は凶なのですが、どこでも好きなところに張りを作ればよいというものではなく、方位によって吉凶が異なります。

特に注意して頂きたいことは、土地や建物の欠け張りを見る場合は、中心から見た方位で判断するようにしてください。中心がズレると、八方位も変わります。

参考 家相・風水での建物の中心(図心・重心)の求め方

八方位の張り欠けの吉凶の一覧は↓の通りです。「欠け」は全方位が凶で、鬼門と裏鬼門は張り欠けどちらも凶になります。

八方位 張 り 欠 け
大吉
南東 巽(辰巳) 大吉 大凶
大凶
南西(裏鬼門) 坤(未申) 凶 注1
西 少しなら吉
北西 乾(戌亥) 大吉 大凶
大吉
北東(鬼門) 艮(丑寅)  注2

注1:内助の功!という意味で欠けを作ることを推奨していた時代がありましたが、妻の運が下がることがあるため、欠けも張りも作らないのが現代風であると思われます。

注2:建物にわざと欠けを作ること(鬼門封じ)を行っていた時代もあり。(京都御所など)

家相の「張り」の吉凶

張り出しの吉凶の意味を、八方位ごとに説明していきます。

東の張り:大吉

東は、跡継ぎ・長男の方位。

東は朝日が昇る勢いのある方位ですから、東の「張り」は大いに吉となります。

情報や通信、物事のスタートを表す方位でもあり、良い情報や良い「気」を取り入れるために、「張り」以外にも積極的に窓や開口部を作ることも推奨されています。

  • 良き跡継ぎに恵まれる、子孫繁栄の吉相
  • 学者や研究者など、学問で身を立てる優秀な者が現れる
  • 家庭円満、一家和合、
  • 家内が明朗活発で、家が栄える

東の張り

東南の張り(巽張り):大吉

東南は長女・娘の方位。

人付き合いや人間関係にも大きく関係する方位で、商売人は特にこの方位にこだわって、玄関や応接室、商談室などを設けてきました。大窓や開口部を作るのにも積極的な方位で、大きく開いて吉を呼び込む訳です。

建物の東南の張りは「巽張り(たつみばり)」と呼ばれる大吉相です。積極的に張りを作りましょう。但し、大きすぎるのは強欲となるため、程よい張り出しが良いようです。東南には倉庫、物置、車庫を作るのも吉です。

  • 娘が良縁に恵まれる。子孫繁栄
  • 家運隆盛、名家となる
  • 商売人には吉。信用と利益を生み、商いが成功する

東南の張り

張り出しの方向は、Aの東寄りよりは、Bの南寄りが吉。

もしくはCの東南両方に出すのが吉。

巽張りの吉凶

敷地の巽張りは、土地の張りに合わせて、建物を張っても良い。

巽張りの土地に巽張りの建物

南の張り:

南は女性の方位。美や芸術にも関係が深い方位です。

南の張りは吉相ですが、あまり張りが大き過ぎると夫の力が弱まり、妻が夫を尻に敷くため、少しの張りが吉。

  • 学問・研究・芸術に秀でた者が出やすい
  • 地位や名誉・名声を得る
  • 交友関係に恵まれる
  • 美的センスのUP

南の張り

南西の張り(裏鬼門の張り):

南西は妻の方位。

南西は裏鬼門のため、最近は張りも欠けも作らないことを推奨する説が一般的になっていますが、一昔前は、妻がしゃしゃり出ないように、わざと「欠け」を作ったくらいですから、当然、裏鬼門の「張り」は凶になります。

  • 主婦の権強し。女主人の相。後家相。女性が主の場合には吉
  • 旦那がいる場合、妻が出しゃばり、旦那の力が衰える
  • 女系家族になりやすい
  • 跡継ぎ、相続のことで揉めやすい

裏鬼門の張り

張り出しの方角は、夫がいない家なら、Aの張りは吉

Bは夫婦仲が悪くなりやすく、一番良くない張り。Cは夫の失業や女性問題が起こりやすくなります

南西の張りいろいろ

南西張りの土地も凶ですが、張りの部分をフェンスや塀で完全に仕切って矩形にして使えるなら良いです。それが難しいなら、建物に少しだけ「欠け」を作ることで、家庭内トラブルは避けられるようです。

西の張り:少しの張りは吉

西は、愛人、妾、芸者(水商売の女性)、若い女(少女)の方位。金運にも影響が深い方位です。

西の張りは、少しならば吉ですが、土地と建物の両方の張りは凶相です。

  • 小さな張りは金運が安定し、衣食に不自由しません
  • 大きな張りは色難の相。女性問題で揉めやすくなります
  • 大きな張りは絶家など、物事の終わりを迎えやすい

西の張り

北西の張り(乾張り):大吉

北西は主人の方位。蓄財、貯えにも関係する方位です。

北西の張りは「乾張り(いぬいばり)」と呼ばれている大吉相ですから、積極的に張りましょう!特に、二十四山方位の「乾」を張ると良い。

但し、張りが大きすぎると、主人が好色家となり外に愛人を作るため、バランスを重視して、そこそこのサイズにしておきましょう。

  • 子孫繁栄、家庭円満
  • 主人が発展する。夫の運が上がり、早く出世したり、事業が成功する
  • 貯えができる

北西の張り

「張り」を設ける時は、Aか最も大吉でBが吉。西寄りに張るのが良いです。大きく張るのは主人が傲慢になりやすいので、控えめに張るのが良いようです。

Cの北寄りはやや凶相で、裏切りに合いやすい家相です。

北西の張りいろいろ

乾蔵(いぬいぐら)

北西に蔵を作ることを「乾蔵(いぬいぐら)」と言いますが、この方位に蔵や貯蔵庫を置くことで蓄財家となり、家運がUPします。

但し、北西に張りがある土地で、その張りの部分に蔵を作ることは、”業突く張り(ごうつくばり)の相”と言って凶相になります↓。

業突く張りの相

土地が乾張りの時は、建物には張りを設けない方が良いでしょう。

北の張り:大吉

北は男性の方位。

北は最も位の高い方位で、中国の皇帝の玉座は北に置かれていましたし、大相撲の両国国技館にある天皇陛下が座るロイヤルボックス席も北にあり、陛下は南を向いて座ることになります。(君子南面す)

北の張りは吉相です。二十四山方位の「子」か「壬」を張ると良い。北の張り+居間か座敷を作ると尚良し。

しかし、張り過ぎると色難や、経済的に困窮しやすくなるため、バランスを守りつつ張るのが良い方位になります。

  • 家の繁栄
  • 家庭円満
  • 品位が増す、出世など

北の張り

北東の張り(鬼門の張り):

北東は相続人、男児の方位。

北東は鬼門の方角ですから、あまり張りも欠けも作らないほうが良いのですが、それなりの地位や財を成した成功者だけは張っても良いそうです。

しかし、北東と南西を両方張るのは大凶です。

  • トラブルや災害が多くなる
  • 男児に災いあり
  • 病人が出やすくなる
  • 相続で揉めやすくなる。養子が相続することもあり

鬼門(北東)の張り

張りを作る場合、Aは災難に遭いやすくなったり、仕事運が下がり、地位をなくす恐れがあるため凶相。

Bは名成功者のみ吉。どうしても張りを設けるなら、Cの東寄りに張るのであれば〇。

鬼門の張りいろいろ

家相の「欠け」の吉凶

欠け込みの吉凶の意味を、八方位ごとに説明していきます。

家相では「欠け」は凶になりますので、家の構え(1F部分の形状)はできるだけ「欠け」を作らないように、四角形をベースにしたシンプルな形にしましょう。

凹凸のない家は、のっぺりとしてダサい!とお感じなら、うまく「張り」を作ったり、(2階3階…は張り欠けは見ないため)2階部分の面積を減らして引き込みを作って凹凸を作ったり、外壁の素材や色を部分的に変えたり、ふかし壁や外壁装飾部材を用いるなどして、うまく表情が出せるように設計士さんとよく相談して、できるだけ1階部分には欠けを作らないようにしましょう。

1階部分が、L字状や凹状の家は、家相では絶対にタブーです。

坪庭・中庭も欠けになりますから、家相を意識するなら諦めてください。

東の欠け:

東は長男、息子の方位。

朝日の昇る方角ですから勢いが強い方位となり、物事のスタート、情報や通信、音、動きを表す方位でもあります。

女主人や女系の家ならまだよいですが、男性の勢いを妨げることになるため凶になります。男子が育ちにくくなるため、建物には欠けを作らないようにしましょう。トイレなどの不浄物も嫌います。

  • 不名誉な出来事が起こりやすい
  • 何ごともスムーズに行かなくなる
  • 家庭に病や争いが絶えない
  • 跡継ぎに災いあり。跡継ぎの不在、または無気力、遊び人となる

東の欠け

東南の欠け(巽欠け):大凶

南東は長女、娘の方位。対人関係にも影響が深い方位です。

土地の東南の欠けは凶。建物の欠けは大凶なので、この方位には欠けは作らないこと。

敷地の少しの欠けは、建物に張りを作るか、書斎を作ることでも補えます。

  • 娘に悪影響を与える。嫁げない、悪縁、難産など
  • 家が衰退する。病気厄災。
  • 商売人は信用を失いやすい、業績不振。
  • 対人関係が悪化したり、孤立しやすい

東南の欠け

南の欠け:大凶

南は女性の方位。美的センス、芸術性などに関連が深い方位です。

南の欠けは大凶です。見た目は華やかに見えても自転車操業だったり、内情は苦しい状況に陥りやすいようです。

  • トラブルが多発する
  • 争いが起きやすい。訴訟など
  • 金銭面で困窮しやすい。家計が赤字になる、泥棒に入られるなど

南の欠け

南西の欠け(裏鬼門の欠け):

南西は妻、女児の方位。

南西は裏鬼門のため、張りも欠けも作らないのが現代流ですが、昔は妻が内助の功を発揮するようにと、少しだけ欠けを作りました。

  • 欠けが大きいと、妻(女)の運が下がる。病気がち、早死に、良縁に恵まれないなど
  • 妻が役目を果たせなくなる。やもめの相
  • 家族に博打狂いが出たり、財産争いが起こりやすい

裏鬼門の欠け

西の欠け:

西は愛人、妾、芸者、女児の方位。金運にも関係が深い方位です。

西の欠けは凶で、主人が遊び好きになりやすいですが、北西に張りを作れば補ってくれます。

  • 金銭面での苦労、お金が貯まらない
  • 家が衰退する
  • 女子や妻の品性が下がる。色情問題にも注意。
  • 夫が愛人を作る

西の欠け

北西の欠け:大凶

北西は主人の方位。蓄財にも関係が深い方位です。

北西は土地も建物も欠けを作らないようにしましょう。ほんの少しの欠けも大凶です。

  • 主人に問題が起こりやすい。主人が病弱、労働意欲がなくなる、トラブルなど
  • 主人の役目を果たせない。早死に、不在がちなど、
  • 資産減少。金銭的に困窮する、商売人は家業が衰える
  • 跡継ぎがいないなど家が衰退する

北西の欠け

北西の欠けた部分に蔵や倉庫、物置を作るのは大凶です。「乾蔵」にはならず、盗みに入られるなど、却ってお金に苦労します。

北西の欠けに物置

北の欠け:大凶

北は男性の方位。地位・名誉・品格にも関わる方位です。

敷地に欠けがある場合は、建物の張りで補えますが、建物は少しの欠けも凶です。

  • 跡取りができない、後継者が育たない、主人が早死にしやすい
  • 出世しない、部下に恵まれない
  • 家が傾く、家業が衰退
  • 家族が病にかかりやすい、心労が絶えない

北の欠け

北東の欠け(鬼門の欠け):

北東は相続人、男児の方位。

東北は鬼門なので、昔は鬼門封じの目的で、建物に欠けを作りました。(京都御所や東本願寺など)

わざわざ欠けを作るくらいですから、建物だけの欠けはよいはずなのですが、鬼門には欠けも張りも作らないのが今風のようです。

  • 家が徐々に衰退していく
  • 主人や跡継ぎに問題が出る。病弱、早死になど。
  • 相続で揉めやすい
  • 落ち着いた暮らしができにくい

鬼門の欠け

出窓は「張り」にならない

出窓

住宅メーカーの家は、工法の問題などで、希望の場所に張りが作れない場合があります。

そんな時に出窓は便利そうなアイテムに感じますが、出窓は張り出しにはなりません。

基本的に地面に接していないものは張りとは呼ばないようなので、基礎工事が施されているサンルームであれば張りになるようです。

サンルームは、L字状や凹状の欠けがある家の家相リフォームにも有効な方法です。

サンルーム

他にもデッキやテラス、玄関ポーチも張りにはなりません。

基礎はありますが、屋根や囲いがないものも「構え」の中には入らないからです。

ただ…

どうやっても張り出しが作れない場合に、出窓やテラス、ふかし壁や装飾の出っ張りを設けることで、心理的に安心できることがありますから、たとえ「気休め」と言われようが決して侮れない…と個人的には考えております。

家相の張り欠けについては以上となります。