四柱推命の「大運」の見方(人生の曲がり角について)

大運

四柱推命占い鑑定ツールを使って出した結果に表示される、

の見方についてご説明します。

前回ご紹介した「年運」は、1年毎の運勢を占うものですが、「大運」は10年毎の運勢を占います。

更に、30年毎の運勢というものもあって、その節目のことを私は「人生の曲がり角」と呼んでいます。

「大運」も「人生の曲がり角」も、”その年齢の誕生日を境に、人生が突然ガラリと変わる!”というものではなく、前後1年ぐらいを含めた3年くらいで変化しやすいと言われています。

特に30年毎の人生の曲がり角は、かなり大きく変化しやすいので、四柱推命や占いが苦手な人も、知っておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

「人生の曲がり角」で人生の四季を知る

季節が春夏秋冬と巡るように、人生にも四季があります。

この人生の四季が移り変わるタイミングが、「人生の曲がり角」であり、120年の人生を30年毎に4つに分けています。

「人生の曲がり角」は、人によって4回巡る人もいれば、3回の人もいらっしゃいますが、寿命の長さとは関係ありません。

「人生の曲がり角」の使い方

「人生の曲がり角」を使って、30年毎の運勢を占う訳ですが、その境目は干支の五行の変わり目になり、「大運」の赤字で表示されている年齢になります。

人生の曲がり角の解説

↑の例の場合は、「0~16歳~46歳~76歳~106歳」となり、

46歳の誕生日から76歳の誕生日の前日までの30年間の運勢を見るとすると、「水の五行」に属する干支(亥子丑)が巡るため、五行のところには水)財 と入っています。

この30年間は、「水の五行」が強まる、という意味ですから、五行バランスとラッキカラーの、ご自分の五行バランスを見て、水の五行が強くなるとどうなるかを考えます。

「五行」の欄の(木)(火)(金)(水)の隣りに、「官」「財」「泄」「自」「印」のいずれかが表示されますが、

  • 「自」=自星
  • 「泄」=泄星
  • 「財」=財星
  • 「官」=官星
  • 「印」=印星

の略で、それぞれの星が強くなるという意味です。これは「五行バランス」に出ているものと同じです↓。

鑑定結果の五行図

↑の例は、「五行バランス」では「印星」が0ですが、「人生の曲がり角」で「印」が巡れば、その30年だけは「印星」の力が強まる訳です。

要するに、ご自分の足りない五行が巡れば、バランスが良くなりますし、もともと過多気味の五行が巡れば、バランスが悪くなりますから注意が必要です。

人生の曲がり「角」と呼ぶ理由

何故、「曲がり角」と呼んでいるかの解説もしておきます。

十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)は、必ずどこかの五行(木火土金水)に属しています。

  • 寅卯→木の五行
  • 巳午→火の五行
  • 申酉→金の五行
  • 亥子→水の五行
  • 丑辰未戌→土の五行

「土の五行」だけは4つあるのですが、この4つはの五行の、間に入ります。

亥子寅卯巳午申酉

「土」は真ん中!

「土」は季節の変わり目である「土用」を表すのです。

すると4つの局が完成されます。

  • 北方水局亥子
  • 東方木局寅卯
  • 南方火局巳午
  • 西方金局(申酉

それを表した図が↓になります。

それぞれの局の境が、ちょうど曲がり角となって、これを「人生の曲がり角」と呼ぶのです。

人生の曲がり角の図

「人生の曲がり角」を知ることで、人生の四季が、春夏秋冬と変化していくのがわかるのです。

季節の巡り方は、春夏秋冬と順に巡る人もいれば、逆の冬秋夏春の順に巡る人もいます。(どっち巡りでも良い悪いはありません)

何となくおわかり頂けましたでしょうか?

大運(10年毎の運勢)の見方

続いては、「大運」を使って、10年毎の運勢を占う方法ですが、占い方は「年運」とほぼ同じで、通変星(比肩、印綬など)で吉凶を占い、十二運(沐浴、長生など)で勢いを見ます。

「大運」では空亡(天中殺)は見ません。

↓の例の場合は、「0歳~3歳~13歳~23歳~33歳~43歳~53歳~63歳~73歳~83歳~93歳~103歳…」という具合に、3の付く年齢が境となって、運命が変化しやすくなります。

この年齢は生年月日によって異なります。

四柱推命の大運

通変星で吉凶を判断する

通変星を使って吉凶を判断する方法は、年運とほぼ同じです。

比肩 吉凶なし 新しいことをスタートするには適した時期
劫財 × 損失を出しやすい
食神 安定する。先祖供養には良い時期
傷官 × あらゆるトラブルが起きやすい
偏財 活動的になる 金運〇 男性は異性運〇
正財 運気上々。金運〇 男性は異性運〇
偏官 やや凶 忙しいだけで利益は薄い 女性は異性運〇
正官 発展、チャンス 女性は異性運〇
偏印 やや凶 思い通りにならない。無理はしないで
印綬 結果が出る。〆の時期。学ぶには吉。

十二運で”勢い”を判断する

十二運は、運勢の強弱を表現しているものであり、帝旺が勢いが最も強く、が最弱と考えます。こちらも年運と同じです。

  • 胎→母体に宿る +1
  • 養→母体で養われる +2
  • 長生→誕生 +3
  • 沐浴→のんびり湯に浸かる 0
  • 冠帯→成人する +5
  • 建禄→働き盛り +6
  • 帝旺→絶頂期 +7
  • 衰→隠居 +4
  • 病→病になる -1
  • 死→死亡 -2
  • 墓→墓に入る -3
  • 絶→魂が消える -4

※+-の数字は、勢いの強弱の目安です

「大運」と「人生の曲がり角」の見方の解説は以上となります。

参考 四柱推命鑑定ツールの結果の見方については↓にまとめました

鑑定ツールについて 四柱推命は立春(2月4日ごろ)から1年が始まりますので、1月生まれ(厳密には2月の節分まで)は前年生ま...