四柱八字の陰陽が極端に偏っている人について(八字全陰・八字全陽)

陰陽図

陰陽五行を基礎としている四柱推命はバランスを重視した占いですから、「運勢の良し悪しは陰陽と五行のバランスが取れているかどうかで決まる!」といっても間違いではありません。

五行バランスの見方でも、木火土金水という5つの五行のバランスが良いと万人受けしやすく、バランスが悪いと変人だったり癖が強い傾向があることをご紹介してきました。

とは言え、全部の五行がまんべんなく行き渡るのは平凡で、少しくらいバランスが崩れているくらい方がスリルを感じたり大発展する可能性を秘めている、という考え方も一理あります。

しかし、”バランスが良い”ということはすなわち”つりあい”が取れた状態ですから、少しくらいバランスを崩しても大きく破綻することは少なく、逆に極端にアンバランスな場合は信じられないほど跳ねる可能性がある反面、ちょっと気を抜くとあっという間に頂から奈落の底に転がり落ちる危うさを秘めているのは確かです。

陰陽のバランスも、ある程度ばらけている方が融通性があったり、誰からも受け入れられやすいのは同じで、陰7:陽1や、陰1:陽7のように数のバランスが片方に偏っていたとしても、陰と陽の両方が存在しているなら気にする必要はありません。

しかし、たまに全て陽(陰0:陽8)、全て陰(陰8:陽0)という極端に偏った命式をお持ちの人がいらっしゃいます。

四柱八字が全て陽のことを「八字全陽」、四柱八字が全て陰のことを「八字全陰」と言いますが、どちらも不均衡な状態であり、相当バランスが悪いと言えます↓

四柱八字全陽

四柱八字全陰

※四柱八字の全陰・全陽は、命式作成ツールで自動で出るようにはなっていませんから、↓を参考にご自分で命式に+-を書き込んでチェックしてみてください

  • 陽(+):甲 丙 戊 庚 壬 子 寅 辰 午 申 戌 
  • 陰(-):乙 丁 己 辛 癸 丑 卯 巳 未 酉 亥

八字全陰・八字全陽に関しては必ず出生時刻が必要であり、三柱で占ってこの結果が出ても無視してください。これは四柱が揃って初めて占えるものであり、中途半端な結果では意味がないので、出生時刻がわからない方は諦めてください。

スポンサーリンク

「八字全陽」と「八字全陰」とは

「八字全陽」「八字全陰」とは、南極や北極で起こる「白夜」や「極夜」をイメージしてみてください。

太陽が24時間沈まずに夜になっても明るい状態と、太陽が昇らずに昼間も真っ暗な状態…

短期間ならともかく、そんな中で一生涯生きるとなると体内時計のリズムが狂いそうですし、特殊であることは何となく想像できると思います。

ざっくりと言うと、『この世の全ては「陰」と「陽」の両方が存在することでバランスが保たれている』という考え方が陰陽説です。

男と女、昼と夜、表と裏、上と下、太陽と月、海と山、光と闇、生と死、磁石のN極とS極、+と−…などなど、陰と陽は対になっているものであり、互いに逆の性質を持っていてそれぞれに役割があり、陽にないものを陰が補い、陰にないものを陽が補う。そしてお互いを適度に刺激したり、押したり引いたりしながら支え合ってバランスを保っているわけですが、それが片方しかないとなると、

  • ある部分が極端に優れている反面、極端に劣っていることがある
  • 変わった考え方をする
  • 加減の調節が下手、セーブが利きにくい
  • 吉凶の差が激しい
  • 心のバランスを崩しやすい

という状況になりやすく、性格に難がある、一癖も二癖もあるような人が多くなります。

例えば、興味のあることはとことん突き詰めるけれど興味のないことには一切見向きもしないため、学校の勉強でも”歴史だけ100点であとは赤点”とか、仕事でも特定の分野の才能や集中力はすごいけど、他のことは何も満足にできなくてだらしないとか…

それがちょっとズレているくらいか、それとも超ぶっ飛んでいるのか、程度には個人差がありますが、普段は普通に見えてもピンチの時や感情が昂った時に常識はずれのちょっと変わった一面が顔を出すこともあるでしょう。

もしかすると天才と呼ばれるような人やアーティスト等は、この不均衡な状態でこそインスピレーションを感じるものなのかもしれませんが、総合的には「八字全陽」も「八字全陰」も考え方が突飛で、感情の起伏が激しく、そのせいで心をすり減らしやすいという見方をするのが一般的です。

では「八字全陽」と「八字全陰」の見方をそれぞれご紹介します。

八字全陽の運命

四柱八字全陽

四柱八字が全陽の人は、年がら年中、陽があたっているような状態ですから、まさに陽気で身旺と同等の強いエネルギーを持っています。

明るくエネルギッシュで、大人しくじっとしているようなタイプではありません。自分の考えを素直に表に出そうとするあけっぴろげな性格なので、やらないと(言わないと)気が済まない、素顔を隠しておけないというタイプも多く、人との交わりにも積極的で新しい環境でも物おじせずに豪快に飛び込んでいく強さと行動力があります。

「自分の人生は自分自身で決める!」とやりたいように生きますから、束縛が強い環境や自由を奪われることを最も嫌います。

しかし、プラスのエネルギーしかないことで自我が強烈になり、セーブが利かずにやり過ぎたり行き過ぎることが多くなります!いつでも自分中心で周りに鈍感、人の意見に耳を傾けないでひたすら前へ前へと突き進んでいくような激しい性格を、自分でもうまくコントロールできない人がほとんどです。

このような性格ですからどうしても軋轢や対立が多くなり、自然と周りから距離を置かれがちで、気が付いたら周りから誰もいなくなっていることも!対人関係で悩んだり孤独を感じることが多いでしょう。

全陽の人は、興味のあることに対して注ぐ情熱は半端ないので、強いエネルギーがうまく働けば大発展する可能性を秘めていますが、強烈な自我が災いして物事がスムーズに運びにくいため、大抵は気合いだけが空回りして、眩しいほどのパワーを生かしきれずに結果的に挫折したり、大成しないまま終わることが多いのです。

特に凝り固まった組織の中では無意識にはみ出してしまうため、浮いてしまったり相当の生き辛さを感じるでしょう

女性の全陽は特に生きづらい

陰陽五行の教えはどうしても”男が上で、女は男を支える”という古い考え方に基づいていますから、「男性は陽・女性は陰」を表すものなのに“女性の部分が全くない女性の全陽は、自然の摂理から大きく外れている”と見なされ、男性の全陽より女性の全陽の運命は厳しいと言われています。

私見ですが、昔のヨーロッパで活発で発言力のある女性が魔女と見做されたのと同じで、女の出すぎは良くない!と言うことなんだと思います。まぁ、今の時代にはそぐわない偏った考え方かもしれませんが、強い女性が生きづらいというのはおそらく昔も今も同じだと思います…

女性の八字全陽は強すぎることで弊害がでやすく、お転婆で中身は男ですから、ガサツで女らしさに欠けます。結婚して家庭に収まるよりも男性と肩を並べて社会的な活躍を目指す方が性に合うのですが、世の中はまだまだ男中心ですから、見えない壁に阻まれて思うような活躍ができずに苦しんだり悩むことが多くなります。

恋愛や結婚についても間違いなく男勝りかかあ天下で、似た性格のパートナーではケンカが絶えませんし、抑えつけられたり型にはめられたりすると余計に反発するため、相手の方は扱いに手を焼き、そのうちに疲れ果ててしまいます。よって、パートナーはかなり理解と忍耐力のある人を慎重に選ばなければ、関係はすぐに破綻するでしょう。また、関係を長続きさせたいなら、常に自分を抑えて調和を図るための我慢が必要です。

全陽の人は男性もそうですが、特に女性は本能のまま生きると軋轢が生じやすいため、自分で自分を手なずけて、強烈な自我を抑制することが必須です。本来の自分を抑えることは自分を否定するようで非常にストレスが溜まりますが、少しセーブして控えめに生きるくらいで丁度良いのです。

我慢は大嫌いでしょうが、自分で意識してバランスを調整しなければ破滅に向かうことになり、ある日突然ボキッと折れたり、社会から大きくはみ出してしまうことがあります。片方が極端に強いということは、必然的にもう片方がもろいということを忘れないでください。

八字全陰の運命

四柱八字全陰

四柱八字が全て陰の人は、常に陰の”気”をまとっているので、もの静かで、どことなく影がある感じですが、物事の解釈が独特で、こだわりを深く掘り下げていくところがあります。人との関わりよりも自分の世界に入り込みやすく、それが研究や創作とうまく結びつけば大きな発展が期待できるでしょう。

華やかな場所は居心地が悪く、ガヤガヤしたところよりも静かなところの方がしっくり来るようで、おのずとインドア派が多くなります。

全陰には繊細でちょっとした刺激にも過敏に反応してしまうような、いわゆるデリケート気質な人も多く、新しい環境や知らない人に対して強い警戒心を持ったり、交友関係もコンパクトで自分のテリトリーの中で生きることを好みます。テリトリーを少し広げるのにも慎重で、かなりの時間と勇気が必要かもしれません。

全陰の人は実際に孤独なこともありますが、たとえパートナーや家族に囲まれて愛されていても孤独を感じていることがあります。”心に闇を抱えている”という表現が適切かどうかはわかりませんが、自分から人を遠ざけて自分の世界に籠ることも多いのです。

自分の心の操縦が下手で、ひねくれて本心とは裏腹な嘘を言ったり、あまのじゃくな性格を持つことがあります。本心が分かりにくい(明かさない)ことで周囲からの理解が得にくかったり、敵を作りやすいのはもちろんのこと、なぜそのような態度をとってしまうのかが自分でもわからずに悩んだり、周りに理解者がいないことで苦しむことがあります。

また、他人と会話や意見を交わすことを避けて言いたいことを飲み込んでしまう人も多く、それがストレスとなって抱え込み、それを発散することも不得手だったりします。塞ぎ込んで心のシャッターを閉じてしまったり、鬱病にもなりやすいので、精神のバランスを崩しやすい性質であることを理解し、陰に入り込み過ぎないように日ごろから意識することが大切です。

女性の全陰は女らしい、男性の全陰は頼りない

「男性は陽・女性は陰」を表すものなので、女性の全陰は女性そのものであり、おしとやかで女らしい人が多くなります。

バランスが極端であることに違いはないものの、それはそれであるべき姿に近いのでまだ良いのですが、男性の全陰には”男の部分が全くない”ということなので、男らしい部分が隠れやすく、頼りない中性的な印象になるでしょう。

男女ともに、あまり光のあたらない地道な作業を好んだり、自分が前に出るよりも誰かをサポートしたり、影のように生きたり、誰かを頼ったり、すがる生き方をしやすいでしょう。

但し、何かを突き詰めて行った先に自分の気持ちとは裏腹にスポットライトが当たる場所に導かれてしまうこともあり、その眩しさに怖じ気づいたり躊躇することがあるかもしれませんが、そんな時は陽のエネルギーを積極的に取り入れて、自分自身で陰陽のバランスを整えるように意識することが大切です。

自分一人では厳しいことも、誰か信頼のおける人物と共に歩むことで乗り越えられることがありますから、自分に足りない部分を上手に補ってくれるパートナーを見つけましょう。

以上です。全陽・全陰の人に何となくでも伝われば幸いです。