家を買う時期・タイミングを占い(四柱推命)で決める

家を建てる時期を四柱推命 占いで決める

家やマンションを買う時期はいつがいいの?

マイホームの購入を考える時期は人それぞれだと思いますが、絶対に後悔しない理想のマイホームを手に入れるためには、購入時期も大切です。

マイホームを買いたいけど、運勢的に家づくりを進めるのに適した時期なのかどうかを、占い師さんを頼らずに、四柱推命 占いを使って、ご自身で判断する方法をご紹介します。

もちろん無料です!

家づくりというのは、人生において、一度あるかないかの一大イベントですから、『絶対に失敗したいくない!』と考えて当然です。

大きな買い物だけに、

本当に進めていいのかな…?

と、迷うこともあるでしょう。

人生には波があって、いつでも穏やかな晴天の日が続くわけではありません。雨が降る日もあれば、突然の台風や嵐に見舞われることもあります。

そんな悪天候の中を、何の備えもせずに外に飛び出せば、ずぶ濡れになりますし、飛来物で大ケガをすることだってあります。

家づくりも同じで、行き当たりばったりで進めるよりも、あらかじめ嵐が来そうな時期を知ることで、慎重になったり、大きなトラブルを回避できることがあるかもしれません。

四柱推命は人生の天気予報です!

参考程度に、事前に予報を確認してみてはいかがでしょうか?

四柱推命を使って、運勢を確認する手順を説明します。

PR 買うときも売るときも首都圏の不動産売買の手数料が最大無料!

スポンサーリンク

1.無料の四柱推命 鑑定ツールで命式を出す

四柱推命は難解な占いであり、占い教室等でも、「命式」の出し方を習得するまでに、多くの時間を費やします。

しかし、「そんな悠長なことをやっている暇はない!」という方のために、生年月日を選ぶだけで簡単に命式を出せるツールを作りました。

ご夫婦でマイホームを持つときは、お二人共の運勢を確認してください。

↓↓↓↓↓↓

四柱推命鑑定ツールを使って、生年月日から陰陽五行のラッキーカラーや、五行バランスなどを導き出すことが出来ます。 ご自分のラッキ...
命式は印刷するか、スクリーンショットを撮っておくと良いでしょう。

2.四柱推命鑑定ツールの結果から家を購入する時期を判断する占い方

鑑定ツールで出した結果の中から、運勢的に見て、マイホームを購入してもいい時期か、控えた方がよい時期かを判断するポイントを、ざっくりとご紹介します。

細かいことを言うときりがないのですが、以下の3つのポイントを気を付けるだけで、嵐の時期はかなり避けられると思います。

1.空亡(天中殺)は避ける

ご自分の天中殺は『空亡(天中殺)』に出ている干支になります。これは生涯変わりません。

『年運』の『空亡』ところを確認し、が付いている年は避けましょう。

その時期は計画だけに留め、できるだけ契約や着工は空亡を避けましょう。

空亡・天中殺の時期を知る

天中殺(空亡とも言います)の年には、『空』と出ます。

四柱推命では立春(2/4ごろ)が元日、節分(2/3ごろ)が大晦日になります。よって、↑の例の場合、2022年の立春~2024年の節分までが天中殺となるため、天中殺に入る前に購入してしまうか、2024年の立春以降の購入(着工)がベストになります。

2.冲も避ける

『年運』の『刑冲合』ところを確認して、冲(ちゅう)がある年も避けましょう。

冲が付く年は、運命が大きく変わりやすい時があります。(天戦地冲、天比地冲、天剋地冲など、どちらかと言えば凶に傾くことが多い)凶意が弱いものもありますが、その判断は初心者には難しいので、冲が付いている年はなるだけ避けるようにしてください。

↓の例は、2017年に冲と空亡が重なっています。こんな時期は絶対に見合わせるべきです!!!

年運の冲は避ける

他にも刑・害・破が付くときもマイナスポイントになります。特に「刑」は「冲」の次に不吉なので避けられるなら避けましょう。干合・支合(合)・三合・半合・隣人合はプラスポイントになります。

3.通変星は劫財と傷官を避ける

年運』の『通変星』をみて、劫財と傷官が巡る年は、トラブルに遭いやすいため、できれば避けましょう。(特に男性で劫財が巡る年と、女性で傷官が巡る年)

通変星でみる

  • 比肩・食神・正財・偏財・正官・印綬は〇。空亡や冲が重なっていなければ、家づくりを進めてもOKです。
  • 偏官・偏印は△で、やや慎重さが必要です。何事もゴリ押しは控え、じっくり検討しましょう。
  • 劫財・傷官はトラブルに遭いやすいので×。マイホームの契約や建築には適しません。

参考 四柱推命の鑑定結果の見方についてもう少し詳しく知りたい方は↓を参考にしてください

夫婦や家族との運勢がすれ違う場合はどうすればいいの?

家づくりには、とにかくパワーが必要です。

ご夫婦でマイホームを計画されるなら、お二人の運勢を見て頂き、それぞれの運勢の良い時期が重なる時期に購入していただくのがベストなのですが、どうしてもすれ違ってしまい、いい時期が見つからない…という事があります。

また、別の事情で、運勢の良い時期まで待てない!という事もあるでしょう。

そんな時は、運勢の良い人を主導に進めるようにして、運勢の悪い人はでしゃばらないことです。意見がぶつかったら、譲るように心がけましょう。

とにかく”家づくり”には決めなくてはならない事柄が多いため、意見がぶつかりやすく、普段はしないような大ゲンカをしてしまうことがあります。

実際、家づくりの過程で対立し、不仲になるご夫婦やご家族は多くいらっしゃるようで、関係に大きな溝ができてしまうケースもあります。

入居時にはご夫婦やご家族の仲が険悪になってしまって、マイホームを購入したことを後悔するような事態は何としても避けなければなりません!!!

事前に運勢の波を知ることで、そのような対立を防げる場合もあります。占いはそのように使ってくださいね。

以上が、四柱推命を使って家を購入するタイミングを占う方法になります。

納得のいくマイホームを手に入れるためのご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

NEXT 風水・家相・地相を考慮したマイホームの土地選び