ホーム

マイホーム

  • マイホームを購入したいけど、運勢的に大丈夫なタイミングなのかな?
  • 風水、家相、地相が気になるけど、一から勉強するのは大変だから、大事なポイントだけを知りたい!

という方に向けて書いています。

建築を学び、住宅や不動産業務に携わりながら、四柱推命や家相、風水、手相、タロット、姓名判断などの占術を学んできた占いマニアの主婦がお届けする、「運勢や家相や風水を取り入れたマイホーム作り」についてのサイトになります。

四柱推命命式作成ツールで、運勢やラッキカラーを確認する方法もご紹介しています。

スポンサーリンク

このブログでご紹介する内容について

私がこのサイトでお伝えしたいのは、

  1. 運勢の良い時期に
  2. 良い「気」が集まりやすい地相の土地を探して
  3. 家相の良い家を建てる

ということ。

四柱推命と家相をベースに、土地選びのところでは風水も一部取り入れております。

  • 【運勢の判断】 四柱推命を用います。(生年月日+わかれば出生時刻)
  • 【土地】 地相(環境の吉凶)+良い家相を作りやすい土地の選び方をベースに、風水も一部取り入れております。
  • 【家の間取り】 家相をベースにしていますので、住人の生年月日は用いません。誰が暮らしても吉相の家を作るためのポイントです。
  • 【インテリア】 四柱推命で用いる陰陽五行の五行カラーをベースにした開運法をご紹介します。

参考記事

家相と風水の違いについて

風水と家相の違い◆風水や家相に振り回されてしまった時

目次

1.家を買う時期・タイミングを占い(四柱推命)で決める

マイホームの購入時期で迷ったら、ぜひ目を通してみてください。

占い師さんを頼らずに、マイホームを購入する時期を占う方法を無料でご紹介!

四柱推命を使いますから、生年月日を用います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

家やマンションを買う時期はいつがいいの? マイホームの購入を考える時期は人それぞれだと思いますが、絶対に後悔しない理想...

2.風水・家相・地相を考慮したマイホームの土地選び

似ているようで全く違う「風水」と「家相」ですが、ここでは、家相(地相)をベースにした土地選びのポイントをご紹介しています。

「家相」とは、日本独自で発達した、鬼門裏鬼門、建物の張り欠けが出てくるタイプのもので、土地や建物の”見た目”で吉凶を判断します。

施主や住人の生年月日は使いません。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マイホームを建てるための土地選びで、「風水や家相、地相が気になるけど、何をどう気を付ければいいのか全然わからない!」という人向けの記...

良い家相の家を建てるためには、”張り欠け”のない矩形(長方形)の土地を選ぶのがベターです。

しかし、気に入った土地に張りや欠けがある場合もあります。そんな時は、地相の凶相を建物(家相)で補う訳ですが、どう頑張っても補えない方位もありますので、土地・建物の欠け張りのルールと吉凶を知った上で購入を決めてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

家相を意識したマイホームを作るには、 土地や建物の「張り欠け」 三大鬼門(鬼門・裏鬼門・家の中央のことで三所とも言い...

家相の良い家を建てるためには、玄関の位置はとても重要ですが、玄関を吉方位に配置するためには、土地の道路付けの方位にも注意が必要です。

土地選びの段階で注意した方が良い、敷地と道路の関係について説明しています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

風水では「気」の流れがとても重要視されています。 「気」は道路から入ってきますので、土地と道路の関係はとても重要で、接道されて...

家相では、不浄物を鬼門(北東)や裏鬼門(南西)などの凶方位に配置しない!というのが鉄則です。また、汚水管が玄関を横切るのもタブーです。土地を選ぶ際には公共汚水桝の位置もチェックするようにしましょう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

家相ではトイレやお風呂などの水回りは、表・裏の鬼門方向を避けて配置しますが、汚水が流れる汚水管や汚水枡、浄化槽の位置にも注意が必要で...

3.家相を考慮した間取りの作り方

建設予定地が決まったら、いよいよ間取りのプランニングですが、家相の良い家を建てるためには、家相に詳しい設計士さんを頼るのが近道だと思いますが、大まかなポイントは以下の通りです。

他にも、キッチンは日当たりの良い東や東南が良いけれど、西日が当たる南西は×とか、家の中央部の階段は×などの細かい吉凶がありますが、方位に関係するものは全て、「家の中心」から見た方位で吉凶を判断してください。

家相を鑑定するための準備として、

  1. 1階部分の平面図を使って家の中心を確認する
  2. 方位磁針を使って磁北を確認する
  3. 方位盤を使って八方位を求める

という手順が必要ですが、家の構え(1階部分の形状)が変われば、中心もズレますから、プランが大きく変わった時は、再び中心を求め直すところから始めてください。

続きは只今、執筆中…しばらくおまちください。

参考 そもそも家相を信じることが必要かどうかについての記事です↓

家相とは、大昔に中国から伝わったものをベースに、日本独自で発展し、家づくりに用いられてきた相術であり、家や土地を「見た目」で占う方法...
風水と家相は、どちらも住居の吉凶を占うものですが、この二つは似ているようで違っています。 風水が中国生まれであることは...

4.陰陽五行のラッキーカラーを使った開運インテリア

家づくりやインテリアを考える上で、方位は大切です。

ご自分の生年月日から導き出す五行カラーを、インテリアなどに取り入れて、気の流れを良くしたり、幸運を呼び込みましょう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

家づくりやインテリアを考える上で、大切なのが方位や色です。 また、ファッションや持ち物を選ぶ時にも、「ラッキーカラー」...